フルート(超)練習法!吹き方・音楽理論・情報など・・・

Nina先生のフルートレッスン -3


ニーナ・パーローブのフルートのフルートレッスン ビブラート (解説編)

第3回目はこのビデオの解説をします。

まずは下のビデオを見て下さい。




このビデオはビブラートのやり方について説明しています。
ビブラートはフルート初心者から中級者くらいまでの人にとっては、とても難しいテクニックの一つだと思います。

ビブラートが何故難しいかというと、練習の仕方が良く分からないからです。
何故練習の仕方が分からないかというと、ビブラートの付け方にはいろんなやり方があるからです。
楽器によって全く異なった方法でビブラートを作ります。


同じ吹奏楽器でも、トランペットは右手を揺すって付ける人が多いですし、
トロンボーンはスライドを動かして付けたりもします。
サックスは下顎を動かして付ける人もいますし、そうでない人もいます。

ではフルートの場合はどうかというと、これも人そでぞれ違います。
超一流のフルーティストの間でも意見が分かれるところだと思います。


例えば、ジェームス・ゴールウェイ先生のビデオレッスンでは、基本的なやりかたというものはあるかもしれないけど、では実際自分がどこで、どんな風にやってるのかと突き詰めて聞かれると、お腹なのか、胸なのか、喉なのか、正直言って良く分からないんです、と言って笑って終わっています。


ビブラートのやり方に関しては、やっぱりこれが正直な答えだと僕も思います。
同じ人でも、いろんな楽器を演奏する人はいろんなビブラートの方法が身につきます。
僕も、いろんな楽器を演奏するので、いろんなビブラートのやり方が出来ます。
結論は結果が良ければ全て良しの世界だと思います。


とは言っても、初心者の人はなんとかビブラートの付け方を練習しないといけないし、変な全く間違ったやり方の練習だけは避けたいわけですよね。

このビデオで教えているV先生の方法は、フルートでの正当なやりかたの一つだと思うので、これからビブラートの付け方を練習しようという人は、このやり方を真似てやれば全く問題ないと思います。

ということを知った上で、このあとの続きのビデオの解説を読んで下さい。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。