フルート(超)練習法!吹き方・音楽理論・情報など・・・

ブレスの時にお腹を引っ込めるのが良い理由!

リオです。

Ki-1.jpg少し前のNina先生のビデオレッスンの記事で、
ブレスは普通のやり方と逆をするのだ!
とありましたね。

つまり、息を吸う時にお腹を引っ込めて、
息をはく時にお腹を出す方がパワーが出る!
ということでした。

今その理由が解りました。
続きを読む

Eメカニズムを使わずに(ミ)の音を綺麗に出す方法!

リオです。

今回はフルートに付属で付いているEメカニズム(英語圏ではスプレットEと呼ぶ)
についてお話します。

フルートを持っている人ならEメカニズムとは何かと言うことは知っていると思います。

でも、これからフルートを買いたいな〜と思っている人の中には
Eメカニズムって何か知らなかったり
知っていても、本当に必要かどうか迷っている人もいると思います。続きを読む

フルート用バッグの紹介

Flbag-1.jpg今回はフルート用バッグの紹介です。

フルートを買った時おまけで付いてくるケースカバーは多分、
どこのメーカーのものも、手さげ用のハンドルが付いているだけで、
ショルダー掛け用のストラップが付いていないですよね。

続きを読む

ブレスの時、お腹は出すべきか、引っ込めるべきか?

リオです。

今回は、Nina(ニーナ)先生のビデオレッスン

「Nina Perlove on Active Breathing for flute」

です。

正式なタイトル名は上に英語で書かれているもので、
アクティブなブレッシングのやり方ということです。

ですが、ここで彼女が何をいいたいのかと言うと
僕が勝手につけた記事のタイトル名、
「ブレスの時お腹は出すべきか、引っ込めるべきか?」
と言うことなのです。

あなたはどちらのタイプですか?続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。