トランペットで唇を鍛える - フルート(超)練習法!吹き方・音楽理論・情報など・・・

トランペットで唇を鍛える

今回は、最近リオが偶然発見したことなんですが、フルートの音をもっと簡単に軽く出せるようにするための、唇とその回りの筋肉を強化の特殊な練習方法です。

この訓練法は別のカテゴリー「フルートの吹き方」に連載している顔の筋肉を鍛える方法の追加の方法でもあります。

*注意: 最初にお断りしておきます。この訓練方法はフルートの吹き方の基本をマスターしている人向けです。フルートの全音域の音が一応出せるようになっている人が、更に最高音域、最低音域の出しにくい音を軽々と吹く技術を向上させるための有効な方法です。しかし、まだフルートの基本的な吹き方をマスターしていない人がこの訓練法を行うと、正しいフルートの吹き方が身に付かない可能性がありますので、初心者の方にはオススメできません。

このトピックはフルートの中級から上級者向けの特殊な訓練法ニついて書いています。


と断っておいて・・・。

これは我ながら、とても効果がある唇の筋肉の鍛え方だと思っています。

この方法で練習すると、どんな利点があるかというと、最高音域の音が軽々と出せるになることによって、最高音域での音色の変化がつけられるようになり、難しいピアニシモの音が簡単に出せるようになります。

それから、最低音域においてはフォルテシモの大音量がバリバリ出せるようになります。最低音のシでもダブルタンギングやトリプルタンギングが可能になります。
では、この練習法を発見することになったいきさつを、お話します。フルートの音作りで深刻に悩んでいる人、暇な人は読んでみてください。

ほとんど実話ですが、ちょっとだけフィクションの所もあります。

では・・・・・



リオは中学生の時ブラスバンドでトロンボーンを吹いていました。

何故トロンボーンかと言うと、中学校に入学するといろんなクラブ活動からの勧誘合戦がありますよね。

入学したてのある日学校の裏庭を一人で歩いていると、背の高い上級生数人に囲まれました。

中学校では1年生と上級生では背の高さが全然違うのです。

一瞬ヤバイと思ったのですが、逃げたくても逃げれる状態ではありませんでした。

財布を出せとか言われるのではないかと思ったのですが、その恐そうな上級生から出た言葉は、「お前、手ながいな〜唇もちょっと厚めだしもうちょっと背高くなったら使える」「ブラバンでトロンボーン吹かないか・・・?」

その時は何のことか分からなかったのですが、そのまま音楽室に連れて行かれてトロンボーンを吹かされることになったのです。

バンドをやるならトランペットの方がカッコいいのでトランペットを吹きたいと言ったのですが、ペットは手が短くても吹けるけどボーンは手が長くないとダメなんだ。

お願いだボーンやってくれ、たのむと今度は恐い上級生から土下座をされてしまったので、断るに断りきれずトロンボーンをやることになりました。

で中学校のブラバンは3年間トロンボーンで通しました。

高校に入学するとまたブラスバンドからスカウトが来ました。

今度は、吹奏楽の全国大会で上位入賞常連の〇〇中のトロンボーン奏者ということで、初めから名前が知られていて高校に入学した時には既にマークされていたのです。

入学したとたんに是非うちのブラスバンドでトロンボーンやって欲しいと頼まれました。

バンドには入ってもいいけど、楽器はトランペットをやりたいと言うと、ペットはもう席が空いていないし優秀なトロンボーンが欲しいので是非トロンボーンをやって欲しいと頼まれました。

高校ではもうトロンボーンはやらないと決めていたので、ブラスバンドに入るのを断りました。

そして、自分でトランペットを買って独学でトランペットを吹くことになりました。

クラブ活動は美術部と物理部というさえないクラブに入って進学勉強に精を出すことにしました。将来は物理学者になってノーベル賞を取ろうなんて夢を描いていました。(当時はまだ自分の頭の悪さに気付いていなかった幸せ者だったのです^^;)


トランペットは独学と言ってもトロンボーンの吹き方と大して違いがあるわけではないので、指使いさえ覚えればすぐ吹けるようになりました。

その当時は、自分がフルートを吹くなんていうことは考えてもいませんでした。

単純にフルートは女の子が吹く楽器だと思っていたのです。

男子がフルートを吹くなんていうことは考えられなかったのです。

それが、何故フルートを吹くようになったかと言うエピソウードは長くなるのでしませんが、一言で言うと持ち運びが便利、音が小さいからということです。


前置きが随分長くなってしまいましたが、これから本題のお話です。

最近そのころのことを思い出して、またトランペットが吹いてみたいなと思っていた矢先、去年の暮れのことですが近所にある小さな教会で、クリスマスコンサートでトランペットが吹ける人を探していると言うのです。

クリスマスコンサートまではまだ一ヶ月あるということで、今から一ヶ月間特訓すればクリスマスソングくらいなら何とか吹ける様になるかもしれない、という事でトランペットに挑戦することになったのです。

そして一ヶ月間はフルートは吹かずにバンドで借りた安物のトランペットで練習を始めました。

最初は思っていたより音が出ず、大丈夫かなと焦りました。

2週間くらいで何とか2オクターブくらいなら何とか音が出せるようになりました。不思議なもので完全に忘れていた指使いもだんだん思い出してきて、簡単な曲なら自然に指が動くのでびっくりしました。

そして、クリスマスコンサートは無事何とか成功させることが出来ました。

その後、またフルート吹いてみると驚きました。

いつものフルートの感覚と全く違うのです。

音がすごく簡単に出るのです。特に3オクターブの高域の音が信じられないくらいに簡単に音がで出るようになったのです。吹くのに唇に殆んど力を入れなくても最高音の「ド」の音も軽々です。

フルートを吹いているというよりもリコーダーを吹いてる感じに近いくらい簡単に音が出るのです。

トランペットで唇に力を入れて無理やり吹いていたのとは大違いです。

トランペットを吹く練習をしたお陰で唇の周りの筋肉を更に鍛えることが出来たのです。

フルートをどんなに長く吹いてもトランペットの様には鍛えられないのです。

トランペットを吹くにはフルートの10倍以上の筋肉の強さがいるように感じました。

サックスでもフルートよりは相当筋肉を使いますが、トランペットはサックスよりもっと唇自体の筋肉を鍛えてくれます。

もしフルートのレベルが中級くらいの人で高音が出なくて悩んでいる人がいたら、一度トランペットで筋肉訓練をしてみることをオススメします。



トランペットは出来ればYAMAHAのYTR-2335 がいいです。YTR-1335 でもかまいません。

極端な話、ピストンさえスムーズに動けば他は多少つぶれていてもかまいません。

中古品の安いものを楽器屋さんか、ヤッフーオークションで買うといいと思います。

中古品はヤマハがやっぱり一番安心です。中国製の安いやつは見た目はそれほど変わりませんが、ピストンがダメです。

ピストンにはオイルを付けるのですが、新品のトランペットでもすぐにオイルが真っ黒になったりするのがあります。

その点だけは注意しましょう。


それから、トランペットを吹いたすぐ後でフルートを吹くとフルートの微妙な音の変化を出す事が出来ません。トランペットは音が荒すぎるのです。

フルートを人前で演奏する場合、数時間以内にはトランペットは吹かないほうがいいでしょう。

サックスのように同じ演奏で、持ち替えて吹くなんてことはまず無理じゃないかと思います。

ジャズの演奏でも、フルートとトランペットを持ち替えて吹いている人を見たことないですからね。

いつか僕がチャレンジしてみようかな・・・?


*** フルートのブログランキングに参加しています ***

今回の記事、役に立ったよ〜とか、面白かったよ〜、と思われた方
下のバナーをクリックして応援して下さいネ!
喜びま〜す。 

こちらにはフルートに関する楽しいブログが沢山集まってますよ!
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ  cHoWX0_480.gif
にほんブログ村へ

本日のランキング応援クリックありがとうございました (*^ー^)ノ♪
フリースペース
この記事へのコメント
 トランペットを吹いたすぐ後でフルートを吹くとフルートの微妙な音の変化を出す事が出来ませんとの記事、読ませていただきましたが、凄い冒険をされたんですね、確かに、
フルートを長年吹いていると、リコーダーを
吹いているのと錯覚するくらいに、よく鳴り
響いているのですが、それが、トランペットでできるなどはテオバルト・ベーム以来から
誰もメソードされていません・・・リオは凄い・・・危険視されませんように。
Posted by フルートくん・より。 at 2010年09月01日 09:37
ハハハ・・・

リオです。
このコメント思わず笑ってしまいました。
ご心配ありがとうございます。

ほぼ毎日2〜3時間以上、フルートを吹ける環境にある人は、特にトランペットでの筋肉作りをしなくてもいいと思います。

僕のように、平日は30分か1時間くらいしかフルートを吹く時間が無くて、それも毎日は吹けないという人には、短時間で唇のフルートで必要な筋肉を鍛えることが出来る最高のトレーニング方だと自分では思っています。

もしトランペットでキュイーンという最高音の音が無理やりでも出せるようになったら、フルートの最高音なんかは、屁みたいに簡単に感じられると思います。

フルートで高音を出すのが難しいと感じる人は是非試してみることをおススメします。

高音だけでなく一番難しいと言われる最低音のシの音も、出しやすくなるのがいいとこです。
Posted by リオ at 2010年09月01日 17:07
はじめまして。楽しくためになるブログをいつもありがとうございます。

わたしは学生時代にバスーン(ファゴット)を吹いていました。その後バンドでサックスを吹いたこともありましたが、リオさんと同じような理由+リード要らずの経済性に惹かれて、最近はフルートを吹いています。

その経緯や現況など色々自己紹介は省略して、、、
トランペットで唇を鍛えるの考察に、バスーンで唇を鍛えるというのも入れてみてもらえませんか♪
唇の中心部はぷにぷに感を保ちつつ、周囲を締める!という筋肉の使い方は、バスーンのリードを制御することと共通するのでは?と思っています。

トランペットよりも騒音問題に苦しまなくて済みますよ・・・、と、それしか勝てそうなところがないので言ってみました;
Posted by サンキョウちゃん at 2010年09月16日 22:33
兼業フルーティストで、リペアもやっているものです。最近、オールドフレンチに凝っていて、その筋の専門家から、かなり唇のテンションが必要だと聞きました。そのときの氏の吹きかた、唇の力の入れ方が、トランペットの吹き方そっくりだったのです。小学校の時、1,2年トランペットを吹いていて、その後段々ユーフォニアム、バスチューバと唇の力が余りいらない楽器に移っていき、そして今はフルートなので、自身はないのですが、これはフルートのトレーニングにトランペットはいいかも、と、今一生懸命、ヤフオクで安い(!?)トランペットを探しています。最初はユーフォを考えていたのですが、唇のテンションや、上下の唇の密着度を考えると、やっぱトランペットかな、という感じです。そう考えていた頃、貴殿のアイディアに出会い、ますます確信を持ちました。早速トランペット購入に走りたいと思います!ありがとうございました。
Posted by Pastor K at 2010年10月06日 23:06

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。