フルートを吹くと、すぐに唇が疲れて音が出なくなる人へ・・・ - フルート(超)練習法!吹き方・音楽理論・情報など・・・

フルートを吹くと、すぐに唇が疲れて音が出なくなる人へ・・・


フルートを吹くと、すぐに唇が疲れて音が出なくなるという人は多いと思うので、
今回はその対策とアドバイスです。




これには、大きく分けて二つの原因が考えられます。

一番目の原因は、フルートで音を出すために必要な口の周りの筋肉が、全く鍛えられて
いないことが考えられます。


二番目の原因は、フルートを唇に当てる位置が正しくないことです。





フルートの超初心者の場合は、間違いなく一番目の問題が原因です。

この問題は全てのフルート初心者の人にとって共通の問題なので心配要りません。


この問題を解決するには、ロングトーンの練習をたくさんやって口の周りの筋肉を鍛える
運動をやれば遅い人でも半年も一生懸命やれば1時間以上ぶっ通しで吹いても、
唇が疲れて音が出せなくなるようなことはなくなります。




問題なのは二番目のフルートを唇に当てる位置が悪いことが原因の場合です。

もしあなたが、すでに半年から一年以上フルートをやっているのに、30分から
1時間以上ぶっ通しで演奏すると音が出しにくくなると感じるなら、
二番目の問題が原因である可能性が大きいです。


ちなみに、今の僕の場合は一時間くらい吹いた頃が一番調子よく音が出せます。

3時間くらいぶっ通しで吹くと、唇よりも体全体が疲れてきて段々音が出しにくくなります。
でも少し休憩すれば、また回復して音が出せるようになります。




一番目の問題を解決するためには、初心者の場合、最低でも3ヶ月以上の
長い時間が必要ですが、二番目の問題を解決するには場合、正しくやれば、
一ヶ月以内でほとんど解決させることが出来ます。


ただし、人によってはかなりの勇気を必要とするかもしれません。

それは、ある程度長い間吹き慣れてきたマウスピースを当てる唇の位置を
変えるということには、やはり抵抗を感じるからです。


特に、先生や先輩などからフルートのマウスピースは唇の真ん中に当てて
吹かないと駄目!


と教えられてきた方たちです。



自分より随分上手な先生や先輩たちが言うのだから間違いないだろうと
信じるのは当然と言えば当然です。


これが実は、フルートが思うように上達できないと悩んでいる多くの人たちの
最大の原因ではないかと僕は思っています。


なぜかと言うとフルートの全音域で軽々と音を出すことが出来ないと、
長時間難しい曲を練習する気になれないからです。


逆に音を出すことに苦労しない人は、難しい曲もフィンガリングさえ正しく
出来るようになればいいので、楽しく楽譜を読むことに集中して練習できます。
だから曲をマスターするスピードが早くなり、長時間の練習も苦になりません。




これは、僕が昔音を出すのにものすごく苦労していた頃と、力まなくても簡単に
音が出せるようになった今と比較して感じることなのです。




フルートは、音さえ思いどおりに自由に出せるようになれば、ピアノやバイオリン、
クラシックギターなどに比べるとものすごく曲の演奏は簡単です。


なぜかと言うと、それらの楽器のように指の位置をずらさなくてもいいからです。

もちろん曲にもよりますが、同じレベルの曲ならと言う意味です。

なので、フルートが早く上手に成れた人は、ほとんどの場合、
早く楽に音を出す方法を自分なりに見つけられた人だと思います。


さもなければ、先生や先輩などが教えてくれた吹き方がたまたま
自分に合っていた人です。


練習量の差だけではないはずです。
あとは、音楽理論の知識の多さでしょう。小さい頃からピアノを無理やり
習わされていた人などは絶対有利です。

音符がすらすら読めるので・・。



唇の形や歯並びなどは人それぞれみんな違うので、ラッキーな人と
そうでない人の違いがどうしても出てくるのだろうと思います。


なので、唇の形が生まれつきフルートを吹くのに適した形をしている人は、
ほとんど苦労しなくてもフルートは簡単に音が出せるようになると思います。


ところが、そうでない人はフルートで音を出すのに物凄く苦労することになります。



僕の場合は後者の方で、フルートで楽に音を出せるようになるのに
ものすごく苦労しました。


だからこうして、フルートの音の出し方の記事をいろんな角度から
ひつこく何度も書いているわけなんです。




一見して、唇の形が曲がっている人とか、左右対称の形をしていないとか、
そういう人は唇の真ん中で吹かない方が良いと言うのは簡単に想像が
つきますが、綺麗に左右対称の形をした唇の人は真ん中で吹くのが
一番良いようにだれでも思うと思います。


これが多くの人がフルートのホールを唇の真ん中にあてて
吹き始めるという、ごく自然な現象だと思います。


ぼくの場合、唇の形は日本人としては、平均より少し厚めでですが、
形状は綺麗に左右対称の形をしています。


だから当然ど真ん中で吹くのが一番いいと思っていました。

それと、中学のときにやっていたトロンボーンは唇のど真ん中で吹いていて
全く問題なかったということもあると思います。




なので、フルートの場合も当然のように唇のど真ん中で吹いていて
何の疑問も感じることが無かったのです。


でも、いつまでたっても高音域の音を軽々と出すっことが出来るようにならない
ので、自分の吹き方のどこが悪いのか真剣に研究することにしたのです。




それから、単にロングトーンの練習をするだけではなくて、普段使っている
以外の口の周りの筋肉も鍛える必要があると思ったので、口の回り全体の
筋肉トレーニングをやるようにしたのです。


そのことは、練習法の所で詳しく書いているのでそちらを読んで下さい。

その訓練のお陰で、かなり思いどおりに唇の筋肉をコントロールできる
ようになったのです。


それで、高音域の音とかも綺麗に出せるようになってきたのですが、
それでも何となく音に力みが感じられて、どうしても風を切るような音や、
鈍い感じの音しか出せないのです。

ジャズフルートしかやらない人は、それでもいいと思います。

でも僕の場合クラシックの綺麗に澄んだ深みのある音が出したかったので、
どうして自分はクラシックのプロのフルーティストのような綺麗に澄んだ音が
出せないんだろうと悩んでいました。


プロが演奏したCDなんかを聞くとあんなクリアな音が出せるのは練習量が
やっぱり何倍も違うからなんだろうなと思っていました。




ところが、YouTubeとか見ていると中には小さな子供でも軽々と
高音域の音を綺麗に出したり、重低音の迫力のある低音の音を
出すことが出来る人がいるので驚きました。


曲の演奏は僕と比べて上手とはいえないレベルなので、僕以上に
フルートの音出しを猛訓練しているとはどうしても思えないのです。


なので、これは音の出し方に何か絶対に秘密があると思ったのです。

それから上手な人が吹いている口の形やフルートの位置などを動画や
写真を見て研究したのです。




それで分かったことは、一流のフルーティストは白人が圧倒的に多い
と言うこと、その中でも、唇の中央がが平たく薄い人です。


例えば、ジェームス・ゴールウェイなどは典型的なフルート向きの唇の形を
していると思います。


もしかしたら本人はそのことに気付いていないかもしれません??



つまり、フルートを吹くには唇が薄くて中央が平たい人が圧倒的に
有利だと言うことなのです。


では、そういう唇の形をした人しか上手になれないのかと言うと、
そうでもないことも分かりました。


唇がかなり厚くて唇の真ん中の、くちばしがかなり突き出ている人でも、
中には凄く綺麗な音を出す人もいます。


そういう人はどんな吹き方をしているのか更に観察した所、
ほとんどの場合そういう人達は唇のど真ん中で吹いて、
い・な・い、と言うことが分かったのです。


そして、単に横にずれた位置で吹いているだけではなく、上下の唇も左右に
かなりずれた常態で吹いているのです。


僕はこれだと思いました。



唇が薄くて中央が平たい人は唇の真ん中でごく自然な形で吹くのが
一番いい音が出せるのです。


ところが、それ以外の形をした唇の人達はそういう唇の形をした人と
同じ吹き方をしたのでは良い音が出せないのだと言うことが判ったのです。

そして問題は、そういう唇の形をした人のほうが圧倒的に多いということです。



そこで、鏡の前で自分の唇の形を観察して見ると、僕は日本人としてはほぼ
平均的な唇の厚さなので、白人の薄く平たい唇の人と比べるとかなり厚い
唇の形をしています。


そして、上唇のくちばしもかなりとがっていて、どう見ても唇のど真ん中に
綺麗な丸い空洞を作るのは難しい形をしていることが、鏡を見ると
明確になりました。


当然ですが、くちばしの突起が邪魔になって、どうしても唇の中央に
綺麗な楕円形の形を作ることが出来ないのです。


綺麗な丸い形を作ろうとすると、口笛を吹くときのように口先を
前にかなり突き出してやる必要があるのです。


口笛はこれで吹けるのですが、ひょっとこのような口の形では
フルートは音は出せないですよね。




そこで、鏡を見ながら唇に出来るだけ力を入れない状態で、
丸い孔を作るにはどの位置がいいのか唇を色々動かしながら
観察して見ました。


それで判ったことは、上唇はくちばしの左横のカーブを利用し、
下唇は中央の凹んだ部分を利用して、上下の唇を左右にズラス
ことによって唇に全く力を入れなくても、自然に卵型の隙間が出来る
位置があることを発見したのです。


(人によっては、左利きの人がいるように、くちばしの右側の方が
やりやすく感じる人がいるかもしれません。)


唇に全く力を入れていないのに、綺麗な楕円形の孔を作ることが
出来ているのです。


この自然に出来た形を利用しない手は無いと思いました。



それで、実験的にフルートの位置を普段よりかなり左横にずらして、
上下の唇も左右にかなりずらして、吹いてみたところ予想以上に簡単に
高音域の音が出せたのです。


やっぱりこれだと思って、それからその唇の形とフルートの位置が
違和感を感じなくなるまで、時々鏡を見てチェックしながら練習する
ことにしました。


それから一ヶ月ほどたつと、その位置で吹くことに全く違和感を感じなくなって、
むしろその位置のほうが唇の中央のように感じられるようになって来ました。


人間の体と言うのはものすごく柔軟性があるなとそのとき感じました。



人間の体は柔軟性があるので、物理的に不合理な出っ張りのある形をした
唇の中央でも訓練することによって、ある程度は良い音が出せるようになるのです。


でも、それだったら最初から物理的に、より合理的に、丸い形を作ることが
出来る部分があるならはそれを利用するれば、もっと楽に理想的な
丸い形が簡単に作れるだろうということは、明白だと思います。


なので、一番重要なことは最初に一番合理的に唇の孔の形を作れる
位置を見つけてから、その位置で更に理想的な形に形を整えていく
訓練をすべきだと言うことです。


でないと、最終的に頭打ちが来るレベルが随分変わってくると言うことなのです。

どうでしょうか、僕の言うこと多分納得していただけたのではないかと思います。



もし、納得できると思った人はこれから、自分の唇の中でどの位置が
フルートを吹くのに一番理想的な形をした位置なのか鏡を見ながら
探し当てるようにして下さい。


そのときに注意することは、マウスピースのホールへの息の吹き込み方は、
ホールの正面の壁のエッジに向けてではなく、これも左の角に向けて息を
吹きつけることになります。
(くちばしより右側に孔を作った人は当然右の角になります)


どっちらにしても、正面の壁のど真ん中を目指して吹き付けてはいけない
ということです。(もちろん例外はありますが、ここでは長くなるのでお話ししません)

ただし、わざと「シャー」と言う風を切る音を混ぜて、ジャズっぽい効果的な
音を出したいと言う場合は別です。

ジャズっぽいフルートの音色を出したいという人は、まずは僕がここで説明したことをやって
クリアで大きな音が出せる世になってから、ここで言ったことと逆の吹き方をすれば
いいのです。僕は演奏する曲によって両方使い分けるようにしています。

そして、意識としてはホールの壁のエッジに当てるのではなく、
ホールの真下に吹き込むようにすることです。

物理学の理論上ではもちろん、息がホールのエッジに当たって息の流れが
二つに分かれることによって音が発生するわけなのですが、意識としては
ホールの中に息を落とし込むように吹かないと、上手く息がエッジに当たって
くれないのだと思います。

だから、心理的なトリックを使って肉体の筋肉の動きを騙してやる必要がある
わけなんです。

このことを理解したうえで、唇の孔の位置と形を整えることも需要です。

そして、意識した自分の唇の形と実際に鏡で見た時のギャップが
どのくらいなのかを知って、どの様に意識したときに実際にはどのような
形になるのかを、把握しておくと、意識で唇の形を正確にコントロール
しやすくなります。




どの位置が最も理想的な位置なのかと言うのは人それぞれなので、
正確にどこだと言うのを他人が指示できないので、フルートの吹き方を
初心者に教えるのは難しいのですね。

そして、大半の人は唇のど真ん中が、フルートを吹くのに最適な位置ではない
ということです。

だから多分多くの人が、だれからも指摘されずに間違った非効率な位置で
フルートを吹き続けることになり、なかには自分にはフルートは向かないと
思って諦める人も多いのではないかと思うのです。




ですから、早い時期にこのことを知るのと、知らないとでは、あなたの
フルートプレヤーとしての将来がかなり変わってくると思います。


ちなみに、先回の初心者が自宅でフルートを上達させる秘訣 で紹介した
前田綾子さんが演奏している様子を画面を大きくしてよく観察してみて下さい。

前田綾子さんも、フルートを唇のど真ん中で吹いていないことが分かると思います。
そして、上下の唇もかなりずらして吹いていることが分かるはずです。

フルートを吹いていないときの普通の唇の形は、日本人としてはごく平均的な、
左右対称のとても綺麗な形をしていますよね。
でも、曲を演奏している時にはかなり唇を歪めて吹いているのが判ると思います。

では、あとは自分なりに工夫しながら練習して下さい。

最後に、毎日3時間以上フルートを吹くなら特に何も考えなくても
それなりに良い音が出せるようになります。

毎日5時間以上練習すると、バカでもプロ並みに上手になれます。
でもそんなことバカにしか出来ないことだと思います。

本当にフルートが上手になりたいと思う人はバカになる事ですね。
でもこれが一番難しいことだと思います。

語学やスポーツなどと同じですよね・・・。




*** フルートのブログランキングに参加しています ***

今回の記事、役に立ったよ〜とか、面白かったよ〜、と思われた方
下のバナーをクリックして応援して下さいネ!
喜びま〜す。 

こちらにはフルートに関する楽しいブログが沢山集まってますよ!
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ  cHoWX0_480.gif
にほんブログ村へ

本日のランキング応援クリックありがとうございました (*^ー^)ノ♪
フリースペース
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ランキングバナー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。