フルート吹きの宿敵、口内炎の治し方と予防法 - フルート(超)練習法!吹き方・音楽理論・情報など・・・

フルート吹きの宿敵、口内炎の治し方と予防法

リオです

今回は、フルート付記の敵、口内炎の治し方と予防法についてです。


僕は最近、口内炎になってしばらくフルートが吹けなくなっていました。


そこで、いろいろと調べて見ました。

薬局で売っている薬だけザット調べただけでも20種類くらいありますね。




で、どれか一番いいかというのを知りたいわけなんですが、
結果から言うと、やはり症状の違いや、治したい方法の好みによって
人それぞれ。


になるようです。


とにかく、できるだけ早く治したいという人には、ステロイド系の塗り薬のようです。


ステロイドは、副作用が怖いという人が沢山いるようですが、何度も何度も使わないと
治らない症状には、副作用の心配がありますが、
口内炎のように、ほおっておいても数週間経てば自然に治る様な口内炎には
ステロイドの副作用はほとんど心配する必要は無いようです。



即効で治してしまって、あとは何度も続けて使わなければいいわけです。


そういう意味で、一番人気があるのがこれです。


■ケナログ(塗り薬)/ブリストル製薬の軟膏で、主成分はトリアムシノロンアセトニド(ステロイド剤)。塗ってもしみることがなく、塗っている間は痛みもやわらぎます。口内炎の薬の定番。

口腔粘膜への優れた付着力があり、患部を保護する。口内炎・舌炎の痛みなどの改善に!ケナログ... 




もう一つのオススメは、ステロイド系の軟膏ほどのそうっこう製はないですが、痛い患部の上に
パッチを張るものです。


■口内炎パッチ大正A(貼り薬)/大正製薬のパッチで、シコンエキスとグリチルレチン酸を配合した非ステロイド性抗炎症薬。炎症部分をパッチで保護するため、食事中も痛みません。

口内炎・舌炎治療薬 口内炎パッチ大正A 10パッチ入【第3類医薬品】





口内炎の予防法

口内炎の予防策としては、当たり前のことなのですが毎日歯磨きをちゃんとすることです。


ただ、歯を磨くときに気をつけないといけないのが、磨き方です。
あまり強くゴシゴシスピーディーに磨くと、歯茎や唇の粘膜を傷つけることがあります。
そこに普通の歯磨き材はとても良くないそうです。



口内炎予防にオススメの歯磨き材はせっけんんハミガキというものです。


無添加シャボン玉せっけんハミガキ140g(石鹸はみがき)/シャボン玉石けん/せっけん歯磨き//税込\...


ためしてみてください。



ただし、うえで紹介した方法をやってみてもほとんど効果が感じられなかった場合
口内炎以外の病気が原因であったり、
皮膚がんであったりすることもあるそうなので、できるだけ早く一度、しっかりした
病院でお医者さんに診断してもらうようにしましょう。




リオのオススメ商品

フルートの演奏テクニックを一段階以上引き上げてくれるツール

それが「コブラ」です。
↓  ↓  ↓
「コブラ」の日本語オフィシャルサイト






*** フルートのブログランキングに参加しています ***

今回の記事、役に立ったよ〜とか、面白かったよ〜、と思われた方
下のバナーをクリックして応援して下さいネ!
喜びま〜す。 

こちらにはフルートに関する楽しいブログが沢山集まってますよ!
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ  cHoWX0_480.gif
にほんブログ村へ

本日のランキング応援クリックありがとうございました (*^ー^)ノ♪


フリースペース
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ランキングバナー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。