音のラベリングとは? - フルート(超)練習法!吹き方・音楽理論・情報など・・・

音のラベリングとは?


labering.jpgあなたは音のラベリングという言葉を
聞いたことがありますか?



以前このブログのどこかで書いたと思うのですが、
アメリカやイギリスなどの英語圏では楽譜は
ドレミファ・・・とは読まないのです。

サウンドミュージックの映画のように歌うことはあります。

楽譜を読む時はCDEF・・・と読みます。

そして、重要なポイントはC=ドでは無いということです。



日本人の多くの人はC=ドだと思っている人が多いようです。

特に昭和生まれの人はほとんどだと思います。
僕もアメリカに来るまではそう思っていました。


実は、Cがドとイコールになるのは、Cメージャー(ハ長調)の時だけです。

Cメージャーを日本語で(ハ長調)と呼ばないで、(ド長調)と呼べば、
C メージャーの C は ド だということが良くわかるのにと思いませんか?


とにかく、それ以外の時には、Cはレになったり、ミになったり、それ以外のものに変身します。

つまり、ドレミに#や♭を付けて、全ての調をドレミファ・・・と読むのは日本独特の楽譜の読み方
なのだと言うことです。


日本で楽譜をドレミファ・・・と読むようになった原点がどこにあるのか僕は知らないのですが、
イタリヤやフランスなどでは、楽譜をドレミファ・・・と日本と同じように読むので
おそらく、昔イタリヤやフランスでオペラなどを習った人が、日本にドレミファ・・・で楽譜を
読むことを持ち込んだのだと思います。

日本で楽譜を読むのが難しいのは、英語、ドイツ語、フランス語、イタリヤ語、古い日本語などの
読み方が、ゴチャゴチャに混ざり合っていて統一されていないのが一番の原因でしょう。

英語圏では日本ほどごちゃ混ぜになっていません。

昔の音楽家たちがいろんな国で音楽を勉強して、西洋音楽を持ち帰って
音大などで自分流で音楽を教えたのが原因だと思います。

いつか楽譜の読み方をもう少し統一して欲しいですね・・・。 (´ヘ`;) 

もう一つの楽譜の読み方として、 移動ド読みという手法があります。
これは英語式に近いのですが、英語圏では上で書いたたように、
楽譜を読むときにはドレミファ・・・と発音しません。

だから、これも日本独特の楽譜の読み方だと思います。
普通の義務教育の音楽の時間では習わないはずです。

僕が考えるのに、楽譜を読むときに子供のときからドレミファ・・・
と読むことに慣れた日本人にとって、英語圏式にCDEF・・・
と読み替えるのはとても難しいト思います。

そこで、工夫されたのが移動ド読みという手法なのじゃないかと思います。


この方法をマスターすると12のキー(調)を瞬時に変調して楽器を
演奏することが出来るようになります。
僕はまだ全部は出来ませんが、練習中です。


ジャズやポップスのジャムセッションでアドリブをするのに
とても便利です。
これが、今回のブログのタイトルに使ったの「音のラベリング」
という手法なのです。

と、こんな風に簡単に結論だけ書いてしまうと、何言ってんの???


ということになってしまうと思うので、音のラベリングについて
詳しく専門的に説明しているサイトを紹介することにします。

そのほうが、僕がここでぐちゃぐちゃ説明するより
解かりやすいと思うからです。

こちらのサイトです。 
>>菊地康正の音感トレーニングメソッド紹介ページ


どうでしたか?

初めて「移動ド」や「音のラベリング」について知った人は
ちょっとショックを受けたのではないでしょうか?

どうして、こういうことを学校で教えてくれないの・・・???
とね・・・!!!


*** フルートのブログランキングに参加しています ***

今回の記事、役に立ったよ〜とか、面白かったよ〜、と思われた方
下のバナーをクリックして応援して下さいネ!
喜びま〜す。 

こちらにはフルートに関する楽しいブログが沢山集まってますよ!
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ  cHoWX0_480.gif
にほんブログ村へ

本日のランキング応援クリックありがとうございました (*^ー^)ノ♪
フリースペース
この記事へのコメント
イタリアがイタリヤになってますよw
Posted by M at 2015年02月11日 18:15

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ランキングバナー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。