フルートはアゴでコントロールするの?? - フルート(超)練習法!吹き方・音楽理論・情報など・・・

フルートはアゴでコントロールするの??

リオです

今回は 「フルートはアゴでコントロールするの?」

という疑問に関して
僕なりの意見を書いてみたいと思いました。

ago.jpg



このタイトルは「吹奏楽の風・たかさんの吹奏楽フルート日記」という
ブログのある日の記事テーマです。

テーマも興味がありましたし、書かれている内容もとても面白いな
と思って、楽しく読ましてもらいました。


基本的にはたかさんの意見に同意しますが、僕はフルートの吹き方に関しては
もう少し柔軟に考えています。





たかさんのブログでは、フルートを吹くときに、アゴを動かすほうがいいのか
動かさない方がいいのか?


ということが問題となっていて、プロのフルーティストでも
国の違いなどによって、下アゴを動かす奏法と、動かさない奏法の
二通りの流儀があるようで、どちらが良いのかとくことを論議されています。



そして、たかさんの結論は人それぞれで、どちらとも言えない。
という事のようです。


僕もそう思います。

この違いは、ビブラートのやり方が人によって違うのに似ていると思います。

ビブラートもおなかですると言う人や、喉でするという人、あるいは胸でする
という人もいますし、それら全てを使うという人、結局どこでやっているのか
自分でも良くわからないという人もいます。


僕の場合、最近ではビブラートはどこでやっているのかわからない、
という感覚に近くなって来ました。

以前は腹筋にグッと力を入れて、おなかで息をコントロールして
速く細かく息を切る練習をしたり、喉だけでやったり色んな体の部分で
やっていましたが、どれも少し不自然に感じられました。

そこで、最近ではどこの筋肉を動かすとかは意識しないで
自分が理想とする綺麗なビブラートをイメージすることだけ考えて
やるようにしてします。


すると体のどこかの筋肉が勝手に動いて自分の思い通りの
ビブラートを掛けてくれるようになりました。

その時お腹や喉などの、どこかの筋肉がヒクヒク動くということは
ありません。

かなり強いビブラートを掛けても、外観的にはどこの筋肉も
動いているように見えないのです。


なので、自分でもどこでビブラートを掛けているのか解からないのです。

しいて言うならばからだ全体言うしかない、という感じです。



この感覚が、音色をコントロールする時にも
そのまま当てはまるのです。


下アゴを動かしてコントロールするのか、フルートを回転させて
やるのか、前後上下の角度を変えてやるのか・・・・

トーンのコントロールの仕方には様々な技法がありますが
ビブラートのときのように、一つだけの方法でやろうとすると

肉体の一部だけに非常に多きな力を掛けて、大きく変化させてやる
必要があります。



ところが、トーンをコントロールすることが出来る全ての技法を
総動員して総合的に使うことによって下顎や、唇、フルート自体を
極端に動かす必要が無くなってきます。

演奏中に下顎が大きく動いている人は、下顎だけで大半の
トーンのコントロールしようとしてるのだと思います。



もっと色んなテクニックを分散させて使ってやれば、
下顎が目に見えるほど動いたり、
フルートを回転させたりする必要はなくなるはずです。




ただし、当然人によって好き嫌いや、適不適があるし、
感覚的なものはみんな違うので、ある人にとって、
どの方法が良いか悪いかということは
一概には言えないという所はあると思います。

ですが、一般論として考えるならば、一部の筋肉だけを
極端に使ってトーンをコントロールしてやることは
エルゴノミクス(Ergonomics)的な観点から考えると
非効率的な技法だと言えます。


そして何よりマイナスとなるのは、下アゴなどを
大きく動かせば動かすほど、時間的なロスが出来るので
素早いコントロールがやり難くなるという事になります。

なので、僕は下顎を他人から見て明らかに動きがわかるほど
動かす技法は極力真似するべきではないと考えます。



わざとやりたい人は、個人の勝手で、それでよい音が
出せるのであれば、誰からも文句を言われるすべは
無いと思います。



僕の場合、アゴの前後左右の運動、フルートの回転と角度
その他、可能なかぎりのあらゆる筋肉の動きを利用して
総合的に、トーンのコントロールをするようにしています。



ですから、他人から見るとおそらく下アゴはほとんど
動いていないように見えると思います。

でも、自分では下アゴもかなり動かして常にトーンの
コントロールをするようにしています。


ですが、ビブラートのときにお話ししたのと同じで
演奏中に、いちいち部分的な筋肉の動きなど
実際にはほとんど気にしません。

自分が出したいトーンをイメージすれば
手や口の周りのあらゆる筋肉は勝手に動いてくれます。


これが僕の結論ですが、
初心者の方が、いきなり全身の筋肉を無意識にコントロール
するなんて事は到底出来ません。

ですから、初めのうちは一つ一つの筋肉の動きを
意識しながら練習することが肝心だと思います。



そう言う意味では、下顎だけのコントロールで
どこまで音色をコントロールできるか、というような実験的な
練習をある期間徹底的にやってみるということも

今まで無かった自分のテクニックを向上させるためには
有意義な練習方法かなと思います。







リオのオススメ商品

フルートの演奏テクニックを一段階以上引き上げてくれるツール

それが「コブラ」です。
↓  ↓  ↓
「コブラ」の日本語オフィシャルサイト 






*** フルートのブログランキングに参加しています ***

今回の記事、役に立ったよ〜とか、面白かったよ〜、と思われた方
下のバナーをクリックして応援して下さいネ!
喜びま〜す。 

こちらにはフルートに関する楽しいブログが沢山集まってますよ!
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ  cHoWX0_480.gif
にほんブログ村へ

本日のランキング応援クリックありがとうございました (*^ー^)ノ♪
フリースペース
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ランキングバナー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。