アドリブや即興演奏について間違った考え方をしていませんか? - フルート(超)練習法!吹き方・音楽理論・情報など・・・

アドリブや即興演奏について間違った考え方をしていませんか?

リオです。

adrib.jpgアドリブと即興演奏について間違った考え方を
している人が多いように思います。

というか、これは僕が長い間、間違った考え方をしていたことです。

そこで今回は、アドリブと即興演奏が誤解されやすい点
についてお話しします。
まず最初に、僕の場合アドリブと即興演奏(インプロビゼーション)は同じものだと思っていました。

もしかして、あなたもそう思っていませんか?

これは違うんです。

全然違うんです!



「即興演奏」と「インプロビゼーション」は日本語と英語の違いだけで、
意味は同じです。

誤解されて怒られる事を恐れずに極端な表現をすると、
即興演奏(インプロビゼーション)は頭に浮かんできたメロディーをそのまま
何も考えずに演奏しても許されます。

ところが、アドリブは既に型が決まっている曲のコード進行に合わせて、
メロディーのフレーズを音楽理論の規則に従って作り上げて行く作業です。

絵の世界で言えば、
即興演奏(インプロビゼーション)は何も描かれていない真っ白のキャンパスに
絵の具をぶちまけて作る抽象絵画のようなイメージです。

一方、
アドリブは既に輪郭線が描かれている塗り絵にクレパスで色を塗っていく
作業、あるいは規則に従って作る幾何学模様やデザインのイメージです。

このように絵の違いに例えると、違いが何となくイメージ出来たのではないかと思います。

音楽で言えば、
作曲と編曲の違いとも言えます。

アドリブや、即興演奏との違いは、
紙に書いてから演奏するか、書かずにいきなり演奏するかです。


アドリブの場合、
テーマのメロディーを全員でやった後、次にフルートのソロを2コーラスだけ
アドリブを入れて下さいと言われた場合、
ここぞとばかりに自分勝手に好き放題な演奏してはいけないのです。

その場合は、すでに枠組みが決まっている曲のコード進行に合わせて、
自分なりのフレーズを作って演奏する自由が与えられているだけなのです。


それに対して、インプロビゼーションの場合、
もっと完全な自由が与えられています。

次はフルートの番ですよと言われたとき、
テーマのメロディーが有名な「枯葉」だったとしても、
「枯葉」のメロディーと全く関係ない全くオリジナルの演奏をしても
許されるのです。

ただし、許されると言うだけで、実際には基になるテーマの雰囲気を
感じさせたり、同じキーで演奏するなどと言う節度を守ることは
暗黙のうちに要求されます。

しかし、終わり良ければ全て良しとされる所があります。


ジャズやポップスでの実際のステージ演奏の場合、
インプロビゼーションをやっているように見えても
実はアドリブをやっているのがほとんどだそうです。

アドリブとインプロビゼーションの違いは
聞く側には解らないのです。


では、
アドリブとインプロビゼーションではどちらが難しいか?
と言うと、
これもどちらともいえないと思います。

子供が、絵を書く場合、塗り絵で複雑な線が描かれているものを
はみ出さないようにクレパスで綺麗に塗る作業や、
幾何学模様のデザインをするより、
最初から、何も無いキャンパスに自由に絵を描くほうが簡単です。

でも、大人の場合は逆ですよね。

それと同じことがアドリブとインプロビゼーションの間でも
言えるということなのです。



だから、本当の意味でクオリティーと完成度の高い演奏を
目指した場合、アドリブより、インプロビゼーションの方が
難しいといえますね。

だから、失敗が許される仲間内でのジャムセッションでは
インプロビゼーションの方が簡単だけど、

失敗が許されない、本番のステージの上では
アドリブの方が簡単と言うことになるわけです。


でもまあ、それも演奏者の実力と技量によりけりなので、
人それぞれということになるでしょう。


で、
最後に僕がここで言いたかった重要なポイントは、

アドリブと、即興演奏(インプロビゼーション)の違いを
ハッキリと知っていないと、
演奏の時にとんでもない失敗をしてしまう!!
( ̄□||||!!
ということなのです。

でもまあ、その違いを知らないレベルの人が
いきなり本番でアドリブやってくれ、とか、インプロビゼーション
やってくれなんて言われないと思うので、
まあ知らなくても特に問題はない・・・・。

というのが結論でした。^^




*** フルートのブログランキングに参加しています ***

今回の記事、役に立ったよ〜とか、面白かったよ〜、と思われた方
下のバナーをクリックして応援して下さいネ!
喜びま〜す。 

こちらにはフルートに関する楽しいブログが沢山集まってますよ!
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ  cHoWX0_480.gif
にほんブログ村へ

本日のランキング応援クリックありがとうございました (*^ー^)ノ♪
フリースペース
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ランキングバナー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。