フルートのアーティキュレーション・ダブルタンギングのやり方 Part 4 - フルート(超)練習法!吹き方・音楽理論・情報など・・・

フルートのアーティキュレーション・ダブルタンギングのやり方 Part 4

double-4.jpg今回はダブルタンギングのやり方の4回目です。
ダブルタンギングは第5回まであるのでどんどん行きます。
前の記事を読んでない人は、第一回から読んでくださいね。

ダブルタンギングのやり方 Part 1
ダブルタンギングのやり方 Part 2
ダブルタンギングのやり方 Part 3

では、第4回目の解説をして行きます。まず最初に話していることは、
今回まで基本的なダブルタンギングのアーティキュレーションの練習をしてきました。
それがある程度できるようになったら、次はダブルタンギングのアーティキュレーションを
スケール練習の中に組み込んで練習してみたくなると思います。

いろんなアーティキュレーションの練習をするのにNina先生が一番気に入っている練習曲は
「タファネル・ゴーベールのスケール練習曲4番」だと言っています。
この練習曲の中では沢山のいろんなパターンのアーティキュレーションの練習をする
ことが出来ます。

この「タファネル・ゴーベールのスケール練習曲4番」については別のビデオを
作るのでそちらも見てくださいね。


でこの曲を練習するときに私が一番気を付けて意識していることは、音質です。

常に最高の響きを作るための柔軟なアンブッシャーを考えています。

そして、その上にアーティキュレーションの練習を加えるようにしています。

つまり、アーティキュレーションの練習をするときにタンギングの事だけを別けて考えるのではなく、
必ず最高の音質で常に演奏することを心がけると言うことです。


そして繰り返し言いますが、タンギングの舌の動きは本当にわずかだということです。

タンギングをするときにはどうしても息を強く吹き付け過ぎるようになりがちです。

だから、気持ちの上で音を体の内側に取り込んで、体の中で音を響かせるようにします。

そして、舌先を出来る限り微妙に動かすことを強く意識しながらやるようにしてください。

実際にどんな感じで吹くのかはビデオを見てください。


次に、この曲の中で、二つの音にスラーが掛かっているところがありますが、
スラーの時には必ず「ティーヤ」と発音します。

そして次のスラーの掛かっていない二つの音は「タカ」と発音します。

続けると、「ティーヤタカ」「ティーヤタカ」「ティーヤタカ」「ティーヤタカ」・・・・
あるいは、「ティーヤティキ」「ティーヤティキ」「ティーヤティキ」「ティーヤティキ」・・・・
あるいは、「ディーヤダガ」「ディーヤダガ」「ディーヤダガ」「ディーヤダガ」・・・・
と言った感じです。

このパターンは実際モーツワルトの「Gメージャーコンチェルト」の中に出てきます。


次に「タファネル・ゴーベールのスケール練習曲4番」を練習するときに
とても重要なのが、一定のスピードで演奏することです。

その為には、必ずメトロノームを使って練習することがとても重要です。

もう一度言います。

必ずメトロノームを使って練習すること!

あとはビデオを見ればどんな感じで練習するれば良いのか解かると思います。

それでは、動画を見てください。






*** フルートのブログランキングに参加しています ***

今回の記事、役に立ったよ〜とか、面白かったよ〜、と思われた方
下のバナーをクリックして応援して下さいネ!
喜びま〜す。 

こちらにはフルートに関する楽しいブログが沢山集まってますよ!
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ  cHoWX0_480.gif
にほんブログ村へ

本日のランキング応援クリックありがとうございました (*^ー^)ノ♪
フリースペース
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ランキングバナー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。