フルートのアーティキュレーション・ダブルタンギングのやり方 Part 5 - フルート(超)練習法!吹き方・音楽理論・情報など・・・

フルートのアーティキュレーション・ダブルタンギングのやり方 Part 5

double-5.jpg今回はダブルタンギングのやり方の5回目です。
ダブルタンギングについては今回が最後です。
前の記事を読んでない人は、第一回目から読んでくださいね。
ダブルタンギングのやり方 Part 1
ダブルタンギングのやり方 Part 2
ダブルタンギングのやり方 Part 3
ダブルタンギングのやり方 Part 4

では、第5回目最終回の解説をして行きます。
今回の解説はすごく短いです。

最終回なので実際の曲を使って練習します。

使う曲はJS Bach Sonata in C Major (Allegro).

ヨハン・セバスチャン バッハ のソナタCメージャー(アレグロ)


今回の練習のポイントは、
タンギングをするときに、息を強く吹きつけ過ぎるのを
防ぐ練習法です。


ダブルタンギングは、どうしても息が割れて汚い音になりがちですね。

まず、このバッハの曲をタンギングをしないで、お腹に力を入れて
横隔膜だけを使って音を切りながらゆっくりと吹いていきます。


そうすると、舌を使ったときのように域の破裂がなくなるので
音の切れ目が柔らかくなります。

どんな感じかはビデオをみてください。

それが、スムースに出来るようになったら次に舌を使って
ダブルタンギングで速スピードのアーティキュレーションで
曲を演奏していきます。

この練習をすることで、いきなり舌を使ってダブルタンギングで
演奏するより、よりソフトでスムーズに演奏することが可能になります。

あとはこのビデオを見ながら何回も練習をするようにしてください。





これで、
フルートのアーティキュレーション・ダブルタンギングのやり方シリーズの
解説を全て終わります。

次回はまた別のトピックでお話しするつもりです。

お楽しみに。


*** フルートのブログランキングに参加しています ***

今回の記事、役に立ったよ〜とか、面白かったよ〜、と思われた方
下のバナーをクリックして応援して下さいネ!
喜びま〜す。 

こちらにはフルートに関する楽しいブログが沢山集まってますよ!
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ  cHoWX0_480.gif
にほんブログ村へ

本日のランキング応援クリックありがとうございました (*^ー^)ノ♪
フリースペース
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ランキングバナー
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。