ジャズフルーティストの比較 - フルート(超)練習法!吹き方・音楽理論・情報など・・・

ジャズフルーティストの比較

今回は、前にお話したジャズフルートの吹き方の続きみたいなもんですが、吹き方の説明なんかじゃなくて単に一流のジャズフルーティストの演奏を比較して楽しむのが目的です。

だからカテゴリは「ジャズで刺激を!」にしました。

デイブ・バレンティン、ジェトロ・トゥル、ハービー・マン、みんな
テクニックは超一流で甲乙付け難いですね。

ただ、リオの音楽的な趣味からするとこの3人のアーティストの仲では一番正統派的なアドリブをするハービー・マンが一番好きです。

好きと言うか、声の混じったあんまり変な音を出さないので聞いてて疲れないし音楽的な深みとフルートの音質の深みも感じます。

あなたはどう思いますか?



















*** フルートのブログランキングに参加しています ***

今回の記事、役に立ったよ〜とか、面白かったよ〜、と思われた方
下のバナーをクリックして応援して下さいネ!
喜びま〜す。 

こちらにはフルートに関する楽しいブログが沢山集まってますよ!
にほんブログ村 クラシックブログ フルートへ  cHoWX0_480.gif
にほんブログ村へ

本日のランキング応援クリックありがとうございました (*^ー^)ノ♪
フリースペース
この記事へのコメント
初めまして。
つい先日こちらのページを見つけまして、
楽しく読ませていただいています。
私は3年少々ジャズフルートを習っていますが、
なかなか上達しなくて悩んでいます。

ところで、私もハービーマンが好きです。
ジャズを始めたきっかけもマンです。

これからもリオさんのサイトを楽しみにしています。
Posted by 秋桜子 at 2007年08月17日 13:29
はじめまして。ネットサーフィンでこのページにたどり着きました。
だいぶ古いんですが、JAZZフルートと言ったらやっぱりエリックドルフィですよ!生きていたら、と思いますね。
あとはチャールス・ロイドの枯葉とかも絶品ですね。ちょっと癖はありますが、ミンガスと一緒のころのローランド・カークもいいですよ。
Posted by こう at 2007年09月10日 15:02
ジェトロ・トゥルではなくて、ジェスロ・タルです。これは人の名前ではなくバンド名です。フルートを吹いているのはイアン・アンダーソンです。ジャズではなくロックに分類されます。ジャズっぽい曲もやっていますが、ごくわずかです。
ジャズでしたら、大御所ヒューバート・ロウズと鬼才ジェレミー・スタイグをお忘れなく。
Posted by ねこ at 2007年10月18日 13:42

コメントを書く

お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

ランキングバナー

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。