フルート(超)練習法!吹き方・音楽理論・情報など・・・

simba_FL200.jpg
ようこそ、リオです。このサイトのメインのテーマは「フルートの練習法」ですが、最近はそれ以外のことも書いています。フルートの練習法だけを続けて読みたいという方は、上のメニュー[初心者講座]をクリックして第1回目から読むことをオススメします。
このサイトへのリンクは自由です。許可はいりません。

フルート用バッグの紹介

Flbag-1.jpg今回はフルート用バッグの紹介です。

フルートを買った時おまけで付いてくるケースカバーは多分、
どこのメーカーのものも、手さげ用のハンドルが付いているだけで、
ショルダー掛け用のストラップが付いていないですよね。

続きを読む

ブレスの時、お腹は出すべきか、引っ込めるべきか?

リオです。

今回は、Nina(ニーナ)先生のビデオレッスン

「Nina Perlove on Active Breathing for flute」

です。

正式なタイトル名は上に英語で書かれているもので、
アクティブなブレッシングのやり方ということです。

ですが、ここで彼女が何をいいたいのかと言うと
僕が勝手につけた記事のタイトル名、
「ブレスの時お腹は出すべきか、引っ込めるべきか?」
と言うことなのです。

あなたはどちらのタイプですか?続きを読む

フルートの演奏会で「あがり症」を克服し実力を発揮する方法!



oran.jpg  リオです。

 フルートを演奏するのって楽しいですね。

 一生懸命練習して、上手に吹ける様になったら
 大勢の人の前で演奏して聴いてもらいたい・・・

 とみんな思いますよね。


でも、それと同時に嫌なことがあります。

それは、多くの人の前で演奏すると緊張してあがってしまう事です。

特にソロでやる場合、あがらずに吹けたらどんなに楽しいか・・・・と思ってる人多いと思います。


そこで今回のトピックは、

コンクールや演奏会などで多くの人の悩みの種、
「あがり症」をどうやったら克服できるか!


について僕がやって実際効果を感じている一つの方法をお話します。

あがり症で悩んでいるあなた、
この記事を最後まで読めば、あがり症を克服する為のヒントがきっと見つかると思います!!

続きを読む

初心者が自宅でフルートを上達させる秘訣

リオです。

今回はこれからフルートを始めたいと思っている方や、フルートを買って
始めたけど、近くにフルート教室のようなものが無く、独学なので練習の仕方が
よく分からないという人。

自宅にいながらトップフルーティストの先生からフルートの正しい吹き方の
基本を学びたい、と言ったようなフルート初心者の人が抱える悩みや希望を
解決してくれる方法を見つけたので紹介することにしました。続きを読む

フルートだけで出来るユニークなチューニング法

リオです。

今回は前の記事のコメントでBAANさんから紹介していただいた
フルーとの先生Ian Mullin (イアン・ムーリン)さん、と言う方が
動画で面白いフルートのチューニング方法を紹介していましたので、
こちらで紹介することにしました。

ピアノとか、チューナーを使わないでフルートそのもので
チューニングする方法です。

こんなチューニング方法があるとはこの動画を見るまで
僕は知りませんでした。

多分知らない人が多いのではないかと思います。続きを読む

フルーティストRobert Dick (ロバート・ディック)さんてどんな人?

リオです。

dic1.jpg今回は僕にとってなぞのフルーティストだった
スロートチューニング技法を教える
(ロバート・ディック)さんについて
詳しいことがわかったので、紹介します。

二つのインタビュービデオから経歴的なところだけ
抜粋して、こんな人なんだということがわかる程度に
まとめてみることにしました。続きを読む

喉で歌いながらフルートを演奏する最新技法(スロートチューニング)とは!Part 3

リオです。

今回はスローとチューニングの動画解説 Part 3です。

先回(スライド式のフルート(グリッサンド・フルート)て知ってますか?)は、
このビデオ講座の先生であるRobert Dick (ロバート・ディック)さんが
とんでもないフルートを使って、とんでもない演奏している動画の紹介をしました。

あのフルートも演奏もすごかったですね。

フルートの演奏と言うより、サーカスと言ったほうが・・・♪☆彡(ノ゜▽゜)ノ☆彡ヘ(゜▽゜ヘ)☆彡(ノ゜▽゜)ノ☆彡♪


驚くのはそれだけではありません。

なんと彼は発明家でもあったのですね。続きを読む

スライド式のフルート(グリッサンド・フルート)て知ってますか?

リオです。

今回は先回の続きで、(スローとチューニング)のPart 3 の記事を書く予定
だったのですが、Robert Dick (ロバート・ディック)さんの別の動画を探していて
ぶったまげる様なフルートを彼が吹いているのを見つけました。

ですので今回は、急きょ予定を変更して彼が使っているお化けフルートについて
リポートすることにしました。

このお化けフルートは、正式には? ロバート・ディックさんが動画の中で、
(グリッサンド・フルート)と呼んでいました。続きを読む

喉で歌いながらフルートを演奏する最新技法(スロートチューニング)とは!Part 2

リオです。

 
throat-tuning-2.jpg 今回は、先回の
 「喉で歌いながらフルートを演奏する
 最新技法(スロートチューニング)とは」
 のPart 2の動画の解説です。



ではさっそく動画の解説をしていきます。

続きを読む

喉で歌いながらフルートを演奏する最新技法(スロートチューニング)とは!Part 1

throat-tuning-1.jpg   リオです。

 先回は読者さんからの質問
 「響きのある音を出すにはどうしたらいいのですか?」
 について僕なりの基本的な考え方を書きました。

 今回はその上級編として、さらに豊かでより深みのある高品質な
 音色が出せるようになる、ちょっと面白い最新の練習方法を
 見つけたので、リポートすることにしました。



この方法は実は僕も全く別の目的のためにやっていたのですが、
この動画を見て、確かに響きのある豊かな音作りをするのに
大変効果のある方法だということの、理論的な裏付けを今回改めて
認識することが出来ました。続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。